Ruben Toroは、トップランクのクラブでプレイする為にできる限り努力を重ね、シーンを戦い抜いて来た生粋のニューヨーカー。
70年代・80年代のクラブ・クラシックスを中心に聴き、ターン・テーブルを駆使しながら、Larry Levan、Frankie Knuckles、David Morales等、当時のレジェンドDJ達がミックスする12インチのレコードの震えるビートをひたむきに勉強していた。
当時、アンダーグラウンドダンスミュージックや著名人を大事にする誰もにとって"Clubshelter"は特別な場所だった。
彼の長年の友人、そして師匠であるレジェンドDJ Timmy RegisfordがRubenのミックス能力を開拓し、1997年夏"Club Shelter" の復活に伴い、RubenはオープニングDJを務めるようになる。
Rubenはこの頃から音楽作成の分野でも、Yoruba Records ”Erro / Don't Change"のリミックスを手掛け、他にもTasita D’Mourの “Power”、そしてDJ Kentの “Falling”のリミックスにも携わっていく。
これらの成功により、Vega RecordsやJellyBean Soul Records、自身のレーベルTemple Movement Recordsなどで、その後フロアを覆う様々なハウス・ミュージックのリミックスを手掛けていく事となる。
また、Inner City Broadcasting やWBLS 107.5 FM の“Power Shelter Mix” にてラジオDJとしても活躍の場を広げ、Timmy Regisfordと共にNYCで名の知られるレジェンド・クラブTunnelで “The Temple”などのパーティーを始動させた。
WRKS 98.7 KISS FMへのゲスト出演から始まったRuben Toroは、その多岐に渡る才能ですぐに自身の番組“Kiss Club Classics” を毎週土曜 24:00 - 29:00を担当していく。
NYの#1ラジオ番組となった“Kiss Club Classics”では、彼が影響を受けてきた過去から現在までの“Deepest Underground Sounds”をミックス、ガラージやロフト・クラシックスの最高の音を織り交ぜながらソウルフルなアンダーグラウンド・ダンス・ミュージックをお届けしている。
土曜日#1の位置を抑え続け13年が経った頃、Ruben Toroのプレイは遂にMotionFM.comにて世界中に聴かれる事となる。
毎週金曜日、20:00-21:00
彼が織り成すとことんNY臭漂うダンサブルなプレイが数年振りに日本で体験できる貴重な来日ツアーである。
ディスコグラフィやビデオ等の情報はコチラへ

 

FRIDAY

Tokyo

21

OCTOBER

Click Link

Brought to you by WITT Entertainment

SATURDAY

Shizuoka 

22

OCTOBER

Club: Woody Cloud

Brought to you by WITT Entertainment

SUNDAY

23

OCTOBER

Miyazaki 

Club: Real D

Brought to you by WITT Entertainment

Click Flyer for all info...

© 2018 djrubentoro.com